産業界のニーズに対応した
教育改善・充実体制整備事業


本事業は、産業界のニーズに対応した人材育成の取組を行う大学・短期大学が、地域ごとに共同して地元の企業、経済団体、地域の団体や自治体等と産学協働のための連携会議を形成して以下のような取組を実施することにより、社会的・職業的に自立し、産業界のニーズに対応した人材の育成に向けた取組の充実を図るものです。

事業のイメージ

全国で9つのグループが形成され、茨城大学は、新潟大学を幹事校とする関越地域のグループに属し、「産学協働による学生の社会的・職業的自立を促す教育開発」の取組名称で、全18大学で共同事業を進めています。

産学協働による学生の社会的・職業的自立を促す教育開発

茨城大学は、「学生の社会的・職業的自立に関する教育の改善・充実」をテーマとする小グループに属し、PBLを中心に、教育システムの改善を図るべく、他の5大学との連携で事業を進めています。

この事業は、タイトルが示すとおり、産業界との連携を強く意識したものです。このため、各大学が属する新潟・群馬・埼玉・茨城・千葉の各県ごとに、産業界との地域連携会議を持つほか、グループ全体でも産業界との懇談の場を持つなど、産業界が大学教育に求める声を取り入れつつ、教育の改善・充実を図っていくものです。

関越地域大学グループ17大学の取組

茨城大学 茨城大学 大学教育センター 根力育成プログラム